サービスの特徴

低価格・スピーディー

当事務所では経験豊富な相続専門チームがみなさまの相続を低価格でスピーディーにサポートいたします。ただし、報酬が安いからといって、業務の品質が落ちるというわけではありません。これまでの相続サポートで蓄積したノウハウを生かし、じっくり検討すべき内容とすばやく処理する作業を見極め、効率よくスピーディーに業務を進めていくことにより、低価格を実現しております。

ニーズで選べるプラン

当事務所ではみなさまのニーズに応じて幅広くサポートメニューをご用意いたしております。
とにかく相続手続きのすべてを任せたいという方から複雑な手続きは専門家に任せて、出来ることは助言を受けながらご自身で行いたい方まで、それぞれにあったプランをご選択いただけます。
また、みなさまに納得してサービスをご利用いただくために明朗な料金設定を行っております。

ご自身ではよくわからないという方には初回の無料相談にてサービス内容と料金の関係を分かりやすくご説明させていただきます。
また、遺産が自宅と金融資産のみの方には特別低価格なプランがございます。条件にあてはまる方はぜひご活用ください。

費用ページはこちらをご覧ください。

最大限の節税

相続申告の中でも特に大切なのが土地の評価です。土地の評価は担当する税理士によりその評価額に何千万円もの差が出る場合も少なくありません。
さらに適正な評価額よりも高く土地を評価してしまい、税金を納めて過ぎても税務署の方から教えてくれることはありません。したがって申告で損をしないためには可能な限り低く土地を評価できる税理士に依頼することが何よりも重要になります。

当事務所では日々の研究とこれまでの経験を生かし、土地の評価には細かなところまでこだわりぬいて可能な限り評価額を引き下げ、相続税額を最大限に節税できるように努めておりますのでみなさまが税金で損をすることがありません

【関連ページ】
『相続税の計算で土地(宅地)や家屋はどのように評価しますか?』
『500㎡以上の土地については評価を大きく減額できるそうですがその内容を教えて下さい(広大地の評価)』

税務調査対策

税務調査で指摘されるのは主に預貯金の申告漏れです。申告漏れが指摘されると本税のほかにペナルティーが発生し、本来払わなくてもよい税金まで支払わなくてはなりません。

預貯金の申告漏れが発生するのはその預貯金の所有者を名義のみで判断して申告してしまうからです。

相続申告においては預貯金の所有者は名義にかかわらず実質的所有者で判断します。
ですから、配偶者様、お子様、お孫様などの家族名義の預貯金のなかに実質被相続人所有の預貯金があれば、それは相続財産として申告しなければなりません。

当事務所では、必要に応じて被相続人様やご家族様の過去の預金口座の入出金を検証し、十分な精査を行ったうえ、遺産に含めなければならないかを判断します。遺産に含めないものについてはその根拠書類を作成し税務調査でのトラブルを回避します

【関連ページ】
『妻のへそくりも相続財産になってしまう?!『夫婦の財産』の考え方とは?』(第16回コラム)

遺産分割サポート

配偶者が相続した場合には税金面で有利な特例があります。しかし、その特例を無条件に使ってしまうと次の相続では逆に税金が高くなることもあります。つまり、親世代からの相続をトータルで考えて遺産の配分を決めなくては後々、税金で損をします。当事務所では次の相続まで考慮した遺産分割案をご提案いたしております。

【関連ページ】
『遺産分割はどのようにサポートしてもらえるのか?』
 

相続対策の相談

実際の相続申告では生前対策が出来ていない事案も多く、もったいない気になることもしばしばです。

多くの相続手続きをサポートしている事務所であるからこそ備えている相続対策の目線があります。

相続対策は節税対策円満な相続のための対策もどちらも必要です。節税対策は早期に実行すれば着実にその効果が得られます。円満な相続のためには遺言書を作成しておくことが重要です。当事務所ではより確実性の高い公正証書遺言の作成をお手伝いいたしております。

相続税生前対策はこちら

アフターフォロー

税務調査の立会はもちろん、次の相続の対策確定申告・節税対策などもご相談いただけます。

次の相続対策や確定申告などは相続をお手伝いさせていただいた事務所だからこそできる的確な助言があります。

また、提携専門家とのネットワークにより相続財産の有効活用やご売却のサポートもさせていただいております。